借地権とは

借地権とは自分が所有する建物を建てるために土地を借りる権利の事になります。借地権にはおおまかに旧借地権、普通借地権、定期借地権となります。旧借地権とは大正時代定められた借地権で正当な理由がない限り更新すると定められています。

一方普通借地権とはこちらも正当な理由がない限り更新をするのですが最初に30年の権利があり1回目の更新後20年、2回目の更新で10年となります。
定期借地権とは一定期間貸し出し(通常50年)その期間が終了すると更新する事なく土地に建ててある建物を取り壊して更地で返却するという事です。

借地権を売買する場合どこに相談するでしょうか?戸建てや分譲マンションのように自分で調べて見学するという訳には行きません。一番相談するのに適しているのが不動産会社に相談をしに行く事です。
もちろん弁護士や司法書士に相談に行く日ともいると思いますが、まずは無料で相談できるところがよいでしょう。

借地権の無料査定ではどのような所を見るのしょうか?これは借地権の付いている土地は一番下から底地→借地→建物という考えになります。借地権の付いている借地だけ売却をすると通常の土地価格より低くなります。これは低地(地主の土地)だけを売却するも同じです。つまり借地権を売却するのであれば、とちもすべて売ってしまった方がよい事になります。もちろん査定により異なるので、借地権付きの土地を扱っている不動産会社を選んで査定してもらうのが一番です。