借地権と賃貸の違い

遊んでいる土地を借地として貸す場合、もちろん貸しているわけですが地代と更新する時の更新料が入ってきます。ただ遊ばせているよりは収入として入ってくるので利益があります。
固定資産税も土地代から計算されているので土地上に建物がある場合津城よりも安くなります(借地権がある土地の場合)税金も安くなり収入があるというメリットがあります。

ただしと地上に建物が建っている以上勝手に取り壊す事も出来ませんし、貸している側から退去して欲しいと言っても退去は簡単にしてもらえません。建物を建てるとその建物は登記されるので権利は土地を借りた側になります。(但し旧借地権のみ、新借地権は更新期間が決まっている)
ですので建物を建てて借りた人が他の人に建物を貸す場合もあります。増築などは貸した側に申告をしますが、他の人に貸す場合は特に申告はいらないのです。

一方賃貸住宅として貸している場合は家賃が発生してるので建物の権利も貸主にあります。建物の修繕なども当然貸主負担になります。(故意の物以外)もしも貸していた物件を取り壊して自宅を建てるなどの場合も一定期間告知をして退去してもらう事も出来ます。
もちろん管理を自分でしなくてはいけませんが、土地と建物の管理や権利が自分にあるので退去などの手続きもスムーズに行えます。