メリットデメリット

借地を借りる側はどうでしょうか?家を買う事を検討した時に借地権付き建物は検討に入れない方が多いと思います。理由は土地が自分の物ではないという事です。但し土地は借りるのですが建物は自分の物です。家中をどのようにリフォームしても釘を刺しても自分の物なので自由なのです。

そして土地に掛かる固定資産税は土地の所有権が無い為掛からないという事も利点の一つです。建物は自分の物なので転勤で暫く住めなくなった場合は賃貸で貸し出す事も可能です。

デメリットは自分の土地ではない事、建物自体は自分の所有なので売りに出す事は可能ですが借地権付きの中古物件は売りだしても中々売却が難しいという事です。それはローンが組みにくいという事です。銀行によっては借地権付きではローンが組めないところもあり中々敷居が高くなります。
そしていくら建物が自分の物で建物の売買は地主に言わなくてもよいといっても借地権の関係上色々な契約があるため結局は伝えなくてはなりません。

もう一つ問題は借地権を定期借地権で契約していた場合、ローンを払い終えても期間が少ない場合はその期間で更地にしなくてはいけないので中々売却が難しくなります。
すべてが当てはまるわけではありませんが、土地代が掛からないので普通より安く購入できる分実は売却の時には困難になってしまうのです。

借地権と賃貸の違い

遊んでいる土地を借地として貸す場合、もちろん貸しているわけですが地代と更新する時の更新料が入ってきます。ただ遊ばせているよりは収入として入ってくるので利益があります。
固定資産税も土地代から計算されているので土地上に建物がある場合津城よりも安くなります(借地権がある土地の場合)税金も安くなり収入があるというメリットがあります。

ただしと地上に建物が建っている以上勝手に取り壊す事も出来ませんし、貸している側から退去して欲しいと言っても退去は簡単にしてもらえません。建物を建てるとその建物は登記されるので権利は土地を借りた側になります。(但し旧借地権のみ、新借地権は更新期間が決まっている)
ですので建物を建てて借りた人が他の人に建物を貸す場合もあります。増築などは貸した側に申告をしますが、他の人に貸す場合は特に申告はいらないのです。

一方賃貸住宅として貸している場合は家賃が発生してるので建物の権利も貸主にあります。建物の修繕なども当然貸主負担になります。(故意の物以外)もしも貸していた物件を取り壊して自宅を建てるなどの場合も一定期間告知をして退去してもらう事も出来ます。
もちろん管理を自分でしなくてはいけませんが、土地と建物の管理や権利が自分にあるので退去などの手続きもスムーズに行えます。

借地権とは

借地権とは自分が所有する建物を建てるために土地を借りる権利の事になります。借地権にはおおまかに旧借地権、普通借地権、定期借地権となります。旧借地権とは大正時代定められた借地権で正当な理由がない限り更新すると定められています。

一方普通借地権とはこちらも正当な理由がない限り更新をするのですが最初に30年の権利があり1回目の更新後20年、2回目の更新で10年となります。
定期借地権とは一定期間貸し出し(通常50年)その期間が終了すると更新する事なく土地に建ててある建物を取り壊して更地で返却するという事です。

借地権を売買する場合どこに相談するでしょうか?戸建てや分譲マンションのように自分で調べて見学するという訳には行きません。一番相談するのに適しているのが不動産会社に相談をしに行く事です。
もちろん弁護士や司法書士に相談に行く日ともいると思いますが、まずは無料で相談できるところがよいでしょう。

借地権の無料査定ではどのような所を見るのしょうか?これは借地権の付いている土地は一番下から底地→借地→建物という考えになります。借地権の付いている借地だけ売却をすると通常の土地価格より低くなります。これは低地(地主の土地)だけを売却するも同じです。つまり借地権を売却するのであれば、とちもすべて売ってしまった方がよい事になります。もちろん査定により異なるので、借地権付きの土地を扱っている不動産会社を選んで査定してもらうのが一番です。